エグゼクティブサラリーマン

太陽光発電投資

投資理由

子供の教育資金をどうつくるか?を考えて学資保険の加入を検討していたときに、この発電事業の話を聞きました。学資保険とくらべて利回りが非常に高いのに驚きました。最初は話半分で聞きましたが、国の制度に裏付けされていること、地球環境保全にも貢献できることなどもあり投資を決めました。(40代男性)

学資保険との比較

子育てに必要なお金の中でも大きなウェイトを占める教育資金、さらに近年大学進学率が50%をこえてきている時代に突入しました。いまや、第一子の妊娠した頃から我が子の大学の入学資金、学費、諸費用をどのようにつくるか?を苦心する親御さんは少なくありません。そんな中、学資保険は非常に強い味方といえ、実は隠れた利回り商品なのです。第一子の出産直前から契約ができ、定期的に資金を積みたてられた資金が保険会社によって運用され、18歳頃になったときに、積み立てた金額合計の20%増となって帰ってきます。

この学資保険をさらに上回る利回りを受け取れるのが発電事業への投資です。

サンプルの条件をもとに学資保険と発電事業の収支を比較してみると…

※比較しやすいように、自己資金の総額は双方とも360万円(学資保険の場合は、毎年支払い)で比較してみました。IRR(内部収益率)というちょっと馴染みのない指標がでてきますが、これは複利計算に基づいた、投資に対する収益率です。一定の期間で資金の出入りが発生する場合の資金運用の効果を計る上で一般的な指標です。かつて利息も再投資される郵便局の定額貯金が6%以上あったとき、10年間で資産が2倍になりました。このときの金利がIRRにあたる数字になるといことでイメージがちょっとわいたかと思います。

学資保険前提条件

隠れた利回り商品である学資保険と比較しても、その数倍の利回りで回ることが理解できると思います。

そのほかの項目についても比較してみました。

比較項目 学資保険 太陽光発電
資金受取 1. 18歳時に一括受取
2. 15、18歳時に分割受取
3. 15、18、19、20、21歳時に分割受取 など が選択できる
毎月受取、16年目以降 
年間170万程度受け取れる
当事者と 死亡時 被保険者 (子供)の死亡時は積み立てた分が返戻
保険契約者 (自身) が死亡した場合、以降の保険料免除、満額が返戻金、ただし給付時期は子供が18歳になったときなので変わらない
当事者は自身、自身が死亡した場合:
売電収入の受取人の名義を相続人に変更すれば、収入は継続する。は継続的に相続人に入る
税制メリット 所得から年間4万円控除できる
最大72万円(18年間×4万)
設備資金(約2000万円)を17年間で減価償却
運用金額上限 400万程度 自己資金の総額と信用力により変わる
満期 子供が18歳になるとき 20年、ただし20年後も収益をあげ続けられる可能性あり

利回り以外にも、契約者が死亡した場合や運用上現金額の面など太陽光発電が有利なことがわかります