不動産オーナー

太陽光発電投資

投資理由

運用のスタイルが不動産と似ていて、かつ不動産投資につきものの空室リスクがなく、物件購入の資金調達メニューもある。不動産価格の高騰により投資妙味のある不動産物件が殆どないので、ポートフォリオの一部に太陽光発電を組み込んでみようと思った。(30代男性、50代男性)

不動産の売却で大きな売却益が出てしまったので、それを一括で償却するために購入した。(50代男性)

相続によって今期大きな利益が出てしまうため、それを一括で償却するために購入した。(60代男性)

元々不動産投資を手がけられている方は、高額の資産を借入によって取得して長期運用していく投資スタイルに馴染みがあり、発電事業への投資に抵抗感がないということと、何より空室リスクを考えなくてよいというのが前提となっているようです。さらに昨今の不動産価格の高騰で、投資案件が激減していて、逆に売却により大きな利益を出されていることも重なり、発電事業へ進出している方が増えてきています。

アパート経営との比較

比較項目 アパート経営 発電事業
収益の安定性 空室率、家賃動向によって変わる ほぼ確実
事業運営の期間 短期~長期 長期(20年間)
資金調達手段 あり:変動金利が多い、物件の担保評価や借入人の信用力により金利や調達できる金額が変わる あり:信販は固定金利、信用力にかかわらず金利は同じ、動産総合保険 一部地方銀行からの調達も可能
標準的な表面利回り 3~10 8~10%
運営ノウハウ 物件の見極め方や空室リスク対策により大きく収益が変わる 保守業務を委託すれば、特殊なノウハウは必要なく誰でも一定の収益を上げられる
自然災害リスク あり(損害保険で対応) あり(損害保険で対応)
税制 耐用年数に基づく通常の減価償却 耐用年数に基づく通常の減価償却