太陽光発電の節税効果

HOME > 太陽光発電の節税効果

太陽光発電投資が可能にする「節税効果」

太陽光発電投資が可能にする「節税効果」

太陽光発電には優遇税制があり、活用することで大きな節税効果を得ることが可能になります。また相続税対策でも太陽光発電は注目されています。個人様はもちろんですが、中小企業のオーナー様にもオススメできるのが太陽光発電投資なのです。

ここでは制度の仕組みや、どのくらいの節税効果があるのかを解説致します。

中小企業のオーナー様必見! 「生産性向上設備投資促進税制」を活用する

中小企業のオーナー様必見! 「生産性向上設備制度」を活用する

一定条件を満たす設備投資をした際に適用できる「生産性向上設備投資促進税制」。活用することで設備投資をした際の税負担が軽くなり、中小企業のオーナー様の資金繰りにゆとりが生まれます。

生産性向上設備投資促進税制とは?

「生産性向上設備投資促進税制」は、質が高く生産性を特に向上させると認められた設備投資に適用される優遇措置です。「A 先端設備」「B 生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」の2ケースに分けられ、アポロの「光のガーデン」が提供する土地付き分譲太陽光発電には、「B 生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」が適用されます。※一部物件においては、A類型が適用可能な場合があります。

具体的には、取得価額の5%税額控除、又は特別償却50%の適用が選択可能です。(平成28年4月1日から平成29年3月末日までに事業の用に供する(発電を開始する)設備に適用)。

生産性向上設備投資促進税制の適用を受けるには

「生産性向上設備投資促進税制」の適用を受けるにはいくつかの条件があります。対象は「青色申告をしている法人・個人事業主」です。その他にも条件がありますので、株式会社アポロへお問い合わせ下さいませ。

主な詳細要件は以下の通りです。※その他にも要件がある場合がございます。

[対象となる事業者]
青色申告をしている個人及び法人

[設備金額の下限]
設備金額が160万以上

[設備投資に対するリターン]
投資利益率が5%以上(資本金1億円超の会社等は15%以上)

[設備の移動開始]
平成29年3月31日までに事業の用に供していること

[経産省への確認申請]
設備の前に税理士等の確認を行った上で経済産業省へ申請を行い、当省からの確認を得る

こんなにお得!優遇税制によるメリット

一般的な場合

相続税対策

相続税対策

相続税の基礎控除が平成27年に大幅に引き下げられました。土地などの資産をお持ちの方にとっては、この基礎控除の大幅引き下げというのは気になるトピックスかと思いますが、そこで太陽光発電をオススメしたいのです。なぜかと言えば相続税の負担額軽減にポイントがあります。太陽光発電の設備として保有した方が、現金での保有よりも財産評価額は低くなります。太陽光発電設備の財産価値は、減価償却後の減損評価相当額になることに理由があります。減価償却資産の一定割合を毎年償却していく方法の定率法で減価償却を行った場合には、

  1. 現金
  2. 定額法価格
  3. 定率価値

以上の順で少なくなり、資産の価値が下がれば相続税が最も少なく相続可能となります。相続後の収益も上がるためお得と言えます。